鹿納山 アケボノツツジ 5月14日

3年ぶり鹿納山にアケボノツツジを撮影に行きました。

今回は日隠林道の路面状況が判らないので、大空さんの4輪駆動車に相乗りさせてもらい赤デミオさん、
ボッチさんと4名でお化粧山登山口から鹿納山を目指しました。

途中にあるヤマシャクの群生地はピークを過ぎていました。
ブナの三差路のブナの大木は大きな枝が根元から2本折れています。
鹿納の野から撮影ポイントの三つ鹿納の取付きまでの鞍部ではスズタケや木々の立ち枯れが多くみられ、
山肌が露出し荒れた状況でした。

鹿納山のピークハントは赤デミオさんと二人で目指しました。
山頂までのルートはますます荒れて岩峰は樹木もなくなり、岩ももろく結構危ない状態です。

DSC_0436_00004.jpg 

DSC_0477_00006.jpg

DSC_0453_00005.jpg

DSC_0486_00008.jpg

DSC_0499_00009.jpg

DSC_0478_00007.jpg

DSC_0506_00010.jpg

DSC_0526_00011.jpg

DSC_0541_00012.jpg

DSC_0554_00013.jpg

スポンサーサイト

鹿納山、五葉岳 5月4日

3日、古祖母山を下山後、道の駅高千穂で車中泊。
4日、"くじゅう連山のひよっこ"さんと"くじゅうを山歩"さん親子と共に
日隠林道の悪路を車の腹打ちを気にしながら走りお化粧山登山口に到着。

お化粧山登山口6:20⇒お化粧山1450m⇒ブナの三差路1571m⇒鹿納の野1548m⇒鹿納山1567m⇒
ピストン⇒鹿納の野⇒ブナの三差路⇒お姫山1550m⇒五葉岳1569m⇒奥州屋のわかれ⇒大吹鉱山跡⇒
お化粧山登山口14:30

撮影しながら7時間あまりの実動でした。

KJY_1700.jpg

KJY_1717.jpg

KJY_1731.jpg

KJY_1739.jpg

KJY_1750.jpg

KJY_1756.jpg

五葉岳、鹿納山 5月4日

5月3日11時アケボノツツジ散策登山の為自宅発、ゴールデンウィークなので渋滞の高速道路を避けて
一般道をのんびりと通っていきました。日田で40~50台の中高年の大型バイク集団とすれ違い、
その後もトータルすると150台ほどのツーリングバイクとすれ違いながら小国、宮地、高森を
経由して16時30分に5時間のドライブで高千穂に到着。

道の駅高千穂は他県ナンバーの車で賑わい、夕刻まであった駐車場の余裕は夜遅くには車中泊で満車状態。
遠方では富山ナンバー、本州ナンバーと九州各県多彩なナンバー車で混雑しました。

現地でGOTOさんと落ち合い4日の早朝、日之影川沿いの県道6号線から日隠林道を進み
途中マイクロバスやタクシーと離合しながら車の腹を打たないように慎重に進み
5時45分お姫山登山口に到着しました。すでに準備中の車が5台皆さん早い。

お化粧山登山口⇒林道⇒大吹登山口⇒直登ルート⇒五葉岳⇒お姫山⇒ブナの三差路⇒鹿納の野⇒鹿納山北の峰⇒鹿納の野⇒ブナの三差路⇒お化粧山登山口

ここから私は時計回りでGOTOさんは逆周りでそれぞれ6時15分に出発。まず大吹鉱山登山口まで林道を歩く。ここは地元の有志が登山道の案内の為に待機、5時に福岡のツアーがタクシー10台で乗り付けたとのことでこの時期人気のコースです。6時45分五葉岳直登ルートに入り枯れ沢を渡りまだ蕾の山芍薬の群生地を抜け伐採され鹿除けネットを張った急登から杉林に入りガレ場を登り詰めて6時15分に五葉岳山頂です。
残念ながら雲が低く垂れ込めて遠望できません。今日は午後から晴れ予報なので鹿納あたりに期待をこめて先へ、お姫山、ブナの三差路過ぎでGOTOさんとすれ違い天気が晴れるまでゆっくり回ろうと話し別れました。

鹿納の野付近で男性1名、女性3名のグループにここは何処ですかと尋ねられ話を聞くと、
お姫山登山口の林道脇から登山道に入らず林道をそのまま進んで藪コギをしながら加納の野付近に出たようです。福岡市東区からのグループでみんな元気に鹿納山目指していきました。
加納の野も例年に比べアケボノツツジは全体に少ないようです。

三ツ加納北の峰まで行き其処で加納坊主の前景にアケボノを入れて撮るために晴れ待ちです。宮崎、延岡、長崎の方3人と3時間待ちましたがすっきり晴れ間が出る前に一足先に13時下山開始です。
下山途中でバトミントン仲間の中村夫婦と大障子からの1泊2日の縦走中の松崎さんとも遭遇しました。
アケボノツツジはいま一つでしたが加納坊主の山容を眺め来年に期待して15時に下山しました。

DSC_5279.jpg
DSC_5298.jpg DSC_5324.jpg DSC_5332.jpg DSC_5334.jpg DSC_5356.jpg

DSC_5385.jpg DSC_5391.jpg

鹿納山

14日尾平越えで山仲間と別れ、高千穂で車中泊。
15日AM4時に移動開始、槇峰から鹿川渓谷へ
悪路を宇土内谷から鹿納谷をつめて6時に崩落地点まで
すでに一台駐車すぐ後ろに1台の車、
先の車は車中泊の夫婦ずれ、後ろの車は長崎からの九州100名山を目指す68歳の単独、前日は長者原から大船山往復だそうで健脚です。
6時半出発、20分で鹿納山登山口、40分で大崩の三差路、そこから写真を撮りながら1時間で鹿納山山頂。
アケボノツツジは花が少ないし、かなり落下していた。
10時半には下山、長い道のりをくじゅう男池経由で帰福。
登っている時間より運転する時間のほうが長い、単独は体力勝負です。

DSC_1199_176_183.jpg

DSC_1192_173_180.jpg

DSC_1193_174_181.jpg

DSC_1174_171_179.jpg

DSC_1171_170_178.jpg

DSC_1198_175_182.jpg



最新トラックバック

プロフィール

kujyu ramble

Author:kujyu ramble
宝満山、背振山系を眺望、
歴史と野鳥の楽園、多々良川干潟。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR