稲星山~久住山 6月3日

朝駆けの後、稲星山、久住山のミヤマ散策をしました。

稲星山、久住山ともピーク直前のようです。
白口も星生もこの2山のミヤマキリシマを堪能してスルーです。
扇ヶ鼻は分岐から山頂まで蟻の行列でした。
韓国の団体客と小さな子供連れのファミリーの登山者との擦れ違いで大変でした。

KJU_4077_00001.jpg

KJU_4083_00003.jpg

KJU_4084_00004.jpg

KJU_4085_00005.jpg

KJU_4091_00007.jpg

KJU_4088_00006.jpg

KJU_4097_00008.jpg

KJU_4108_00009.jpg

KJU_4111_00010.jpg

KJU_4120_00012.jpg

KJU_4128_00013.jpg

KJU_4134_00014.jpg

KJU_4135_00015.jpg

KJU_4144_00016.jpg

スポンサーサイト

久住山朝駆け 7月31日

前日、長者原で車中泊。夕方は天気が崩れかけて心配しましたが、
ボッチさんに電話して予報を確認してもらい連チャン朝駆けへ。
1時30分頃 牧ノ戸駐車場へ山靴さん、木下さんの車を確認。
山靴夫婦はすでに入山、1時40分頃取り付き、沓掛展望台で追いつき同行、
ケルンの丘では星生崎に朝駆けのオアシスさんにご挨拶。
先行して久住避難小屋へ 時間調整中に早足の木下さん到着。
ダイアモンド大船の位置をお聴きして、いざ久住山東尾根へ、
かなり期待が持てる天候でしたが、思いの外雲が厚く残念でした。

DSC_1822_226_20110802213037.jpg DSC_1830_227_20110802213036.jpg DSC_1843_228_20110802213036.jpg  DSC_1853_229_20110802213035.jpg DSC_1860_230_20110802213034.jpg DSC_1863_231_20110802213034.jpg DSC_1874_235.jpg

その後 山頂に移動してガス待ち、7時30分頃から硫黄山の噴煙と星生山からのガスでブロッケンが発生
そんな時にGOTOさんからの電話 その後ガスは全く出ませんでした。何でだろー?

DSC_1876_232_20110802213108.jpg DSC_1895_233_20110802213108.jpg DSC_1907_234_20110802213107.jpg

久住山

久住山
昨年の本峰から

最新トラックバック

プロフィール

kujyu ramble

Author:kujyu ramble
宝満山、背振山系を眺望、
歴史と野鳥の楽園、多々良川干潟。

カレンダー
05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR