2016年朝駆け初め 三俣山 1月10日

暮れから正月は息子夫婦が孫を二人連れて帰省、おかげで年始はにぎやかで楽しい日を過ごしました。

2016年の初朝駆けは10日三俣山です。
大曲で2016年朝駆けの安全と絶景を祈願してお神酒を上げてスタートです。

KJY_9669.jpg

KJY_9698.jpg

KJY_9715.jpg

KJY_9770.jpg

KJY_9810.jpg

KJY_9840.jpg

KJY_9851.jpg

KJY_9872.jpg



スポンサーサイト

三俣山朝駆け 10月17日

17日紅葉の三俣山に朝駆けしました。
朝駆け後、星生山経由で扇ヶ鼻東端へ夕駆けしました。

牧ノ戸に車をデポして大曲まで乗せてもらい、久しぶりに九重ではチャット長めの山歩きです。
AM2:30大曲から入山。すでに先行者がいました。
硫黄山鉱山道路出会いで追い越し、スガモリで越えで一緒になりましたが、
先週、大船山で一緒になった知り合いです、皆考えることが一緒のようです。

仲間は三俣山南峰に向かいましたが、私はとりあえず本峰へ。
しばらく星撮影後、反時計回りの大鍋に向かう展望岩場で夜明けを待ちます。
その後は仲間と大鍋底を横断し本峰に上り返しスガモリ越に下ります。

KJY_8338.jpg

KJY_8364.jpg

KJY_8376.jpg

KJY_8395.jpg

KJY_8412.jpg

KJY_8441.jpg

KJY_8455.jpg

KJY_8465.jpg

KJY_8492.jpg

北千里が浜から久住避難小屋を目指します。

三俣山 10月25日

25日、三俣山に朝駆けしました。

先週の土曜日、紅葉のピークには少し早かったので再度三俣山に朝駆けしました。
今回はボッチさんと紅葉撮影の計画で大曲から入ります。
朝夕との気温差が大きい季節になり、今朝も気温5℃風が強く朝駆けもいよいよ冬装備が必要になってきました。

黎明はピーカンで大船山の後方は黒い雲が居座り寒いだけでした。
大鍋底に下る分岐まで下りましたが、ピークは過ぎ色艶がなくがっくりです。

朝の斜光ではくすんだ紅葉も時間がたつと、なんとかなりそうなので鍋縁巡りをしました。
その後の計画は変更です。

1 023

1 040

1 044
湯布院は雲海が出ています。

1 055

1 063

1 068

1 093

1 104
木々の先には葉が付いていません。


三俣山朝駆け 10月18日

18日 三俣山に朝駆け後坊がつるに下り大船山に夕駆けしました。


大曲からGINさん、山下さんと入山。
すがもり越でGINさんはデポ、私もデポしようとしましたが持って行く物の整理がつかず、
そのまま三俣山にとりつきです。
5時過ぎに南峰のテラスでスタンバイしました。
東の空は雲が広がり焼けそうな期待が広がりましたが、窓は開かず残念でした。

三俣山の紅葉情報は他の情報を参考にしてください。
個人的には少し早く週半ばがピークか?。しかし自然はどう変化するかわかりません。
大鍋、小鍋の紅葉は色付きが悪いようです期待外れなので、大鍋底分岐から折り返しで本峰へ。

10時半すがもり越で山下さんと別れGINさんと坊がつるを目指します。

KJY_3331.jpg

KJY_3338.jpg

KJY_3357.jpg

KJY_3394.jpg

KJY_3417.jpg

KJY_3424.jpg

KJY_3426.jpg

KJY_3445.jpg

KJY_3453.jpg

KJY_3462.jpg
大船山夕駆けに続く

三俣山朝駆け 5月11日

11日、三俣山に朝駆けしました。

大曲を2時ginさんと透明人間3人で朝駆けしました。
黎明は期待を持たせるような雰囲気でしたが、陽が昇ると何も無かったようになりました。

その後、石楠花偵察で大鍋仁下り石楠花の中を本峰に登り返しましたが、
ここの石楠花は花芽の付も少なく、開花には7~10日かかりそうです。

KJY_1956_01.jpg

KJY_1976.jpg

KJY_1999.jpg

最新トラックバック

プロフィール

kujyu ramble

Author:kujyu ramble
宝満山、背振山系を眺望、
歴史と野鳥の楽園、多々良川干潟。

カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR