親父山、障子岳、黒岳、三尖 5月4日

四季見橋登山口⇒親父山⇒障子岳⇒親父山⇒黒岳⇒三尖⇒四季見橋登山口

四季見橋登山口先着4台、6時50分親父山に向け入山、最初は普通の舗装道路から波打つコンクリート舗装道路を5分も歩けば石楠花がちらほら見られ、3度の渡渉を過ぎる頃アケボノツツジが咲いていました。
スズタケの茂る急登を喘ぎながら登ること60分1580m付近展望露岩に、そこから10分親父山山頂です。 
DSC_0022.jpg 古祖母を望む?
下ってB29の墜落碑から急登をしばらく行くとバイケイソウの群落が続く緩やかな登りの後、急坂を登りきると30分で障子岳。
途中、長崎からのご夫婦の折り返しと擦れ違い立ち話。
DSC_0025.jpg DSC_0026.jpg
古祖母                 祖母山
霞んだ祖母、傾方向を眺めて30分、尾平越折り返しの1名、祖母9合目小屋泊尾平越まで縦走グループ4名が来たところで折り返しです。
DSC_0033.jpg
祖母山をバックにレスリングのブリッジをしたような倒木。
25分で親父山に戻り黒岳方向へ。
DSC_0040_20130507220559.jpg
緩やかな下りの先に露岩ピークを望む。石楠花は株が多い割に花付が少ないようです。
DSC_0049.jpg
黒岳手前の展望岩から三尖を望む。
DSC_0056.jpg

DSC_0055.jpg
40分で黒岳。黒岳展望所から祖母山。山頂付近のアケボノツツジは蕾の状態です。まだ1週間後が見ごろか。
ここから13回の岩場を含む短いアップダウンを繰り返しで三尖へ。
DSC_0063.jpg

DSC_0064.jpg

DSC_0071.jpg

DSC_0074.jpg

DSC_0082.jpg

DSC_0083.jpg
黒岳西斜面はアケボノツツジが咲いていました。
DSC_0084.jpg

DSC_0086.jpg
北方向に松が鼻か?。
DSC_0090.jpg
三尖は名前の通り3つのピークがあります。
ここからは照葉樹林、ヒノキ林、スズタケ、杉林と逆落としのような急降下で登山口まで30分、
12時30分無事登山口です。

さー明日は又朝駆けだ・・・
スポンサーサイト

四季見原 5月3日

3日中岳朝駆け後、花散策をして次の目的地に向いました。
途中、荻の里温泉で汗を流し遅めの昼食をして高千穂へ向け走り、
pm4時過ぎ本日の車中泊地、標高1200mの四季見原キャンプ場下の駐車場に到着。
ここはハングライダー・パラグライダーの発信地として整備されていました。
DSC_0012.jpg DSC_0014.jpg
ガメラ雲が飛んでいます。

最新トラックバック

プロフィール

kujyu ramble

Author:kujyu ramble
宝満山、背振山系を眺望、
歴史と野鳥の楽園、多々良川干潟。

カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR