FC2ブログ

扇ケ鼻朝駆け 12月24日

24日、扇ケ鼻に朝駆けしました。

年初に九重登山の目標回数を決め、朝駆けにを主体に九重通い続け今回で成就です。
今年の九重では朝焼けと雪景であまり良い風景に巡り合っていないような気がする1年です。

午前2時牧ノ戸の気温は-2℃。
霧氷はあまり期待しない朝駆けでしたが、夜明け前にガスが吹上げてきましたが、
扇ケ鼻だけで九重の山塊が真っ白とはなりませんでした。ヽ(´∀`)ノ

KJU_5892_00001.jpg

KJU_5915_00001.jpg

KJU_5927_00001.jpg

KJU_5929_00001.jpg

KJU_5938_00001.jpg

KJU_5950_00001.jpg

KJU_5951_00001.jpg

KJU_5961_00001.jpg

KJU_5983_00001.jpg

KJU_6000_00001.jpg


スポンサーサイト

扇ヶ鼻朝駆け 6月9日

9日扇ヶ鼻に朝駆けしました。

天気予報がぎりぎりで良いほうに変わります。
ならば絶景を求めて行かねばなりません。
ミヤマキリシマは例年に比べ1週間~10日ほど早いピークを迎えてきたようです。
終盤のお花畑は扇ヶ鼻です、近場なのでゆっくり3時発です。

登り始めは上空に良い雲が出ていますが、黎明まで良い状況が持てばいいですが。

KJU_4172_00003 - コピー

KJU_4163_00001 - コピー

KJU_4192_00004 - コピー

KJU_4196_00006 - コピー

KJU_4202_00007 - コピー

KJU_4217_00008 - コピー

KJU_4219_00009 - コピー
陽が弱くなってきたので星生山に移動しました。



KBCラジオ九重インフォメーション収録 6月11日 

11日、KBCラジオ九重インフォメーションの収録に、ラリーグラス浦社長、KBCラジオスタッフとミヤマキリシマが咲く
扇ヶ鼻に登りました。

恒例の取材登山ですが梅雨の時期、一日晴れる好天にはなかなか恵まれません。
今年も雨のち曇りの予報です、夜間は雨模様で、時間をずらしての取材登山になりました。
ところが今年は、登り始めは小雨模様でスタッフは機材のこともあり雨具着用でしたが、
予報が良いほうに外れ、曇りのち青空と気持ちのいい最高の天気になりました。

今回のレポーターは★燃えろ!ギラヴァンツ通信の
ギラヴァンツ担当上田恵子さん、ディレクター渡辺さんと女性スタッフです。
営業担当は、昨年強風雨で途中撤退を経験した平松さんと新人さんです。

IMG_2300.jpg

IMG_2301.jpg

DSC_1066_00001.jpg
放送時間は6/12(月)~16(金)「PAO~N」の中で午後3時15分ごろからです。

山頂下でピクニック気分で昼食をし、まったりした時間を過ごしました。
下山中に原色系の衣装にダブルストックで、すごいスピードでまっすぐ登ってくる一団に遭遇しました。
バス3台分ほどの海外ツアーの登山客でした。パワフルさに圧倒されます。

DSC_1047_00001.jpg

DSC_1052_00002.jpg

DSC_1054_00003.jpg

DSC_1056_00002.jpg

DSC_1074_00001.jpg

KBC九重インフォメーション取材 6月12日 

今年もKBC九重インフォメーション取材に同行しました。

前日は、例年通りカナディアンヴィレッジにてバーベキューを囲んで酒宴です。
今日の予報は午前は曇りのち昼頃から雨の予報でした。

ガイドはラリーグラスの浦社長、レポーターは昨年と同じ原田ラブ子さんです。
しかし、早朝からすでに雨模様です。今回は牧ノ戸から扇ヶ鼻往復のショートな山行き取材になりました。
沓掛から先は雨も強くなり風も15mほどの強風ですが、ミヤマの最盛期ですこの悪天候にもかかわらず
陸続と登山者が続きました。

IMG_2186.jpg

IMG_2190.jpg

IMG_2195.jpg

星生山~扇ヶ鼻夕駆け 10月17日

三俣山朝駆けのあとスガモリ越えに降り、雲ひとつ無いピーカンのなか北千里が浜をぬけて、
12時に久住分れ避難小屋へここで昼食です。
一人で星生山に登り扇が鼻東端へ、その後日没まで定点撮影しました。
今年は、紅葉の進行が早くくじゅうの紅葉の見ごろはほぼ終息状態のようです。
あとは、冷気が入って白いものと紅葉のコラボ風景を期待したいです。

KJY_8501.jpg

KJY_8520.jpg

KJY_8513.jpg

KJY_8526.jpg

KJY_8542.jpg

KJY_8562.jpg

KJY_8568.jpg

最新トラックバック

プロフィール

ohhima

Author:ohhima
宝満山、背振山系を眺望、
歴史と野鳥の楽園、多々良川干潟。

カレンダー
04 | 2019/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR