雲仙岳紅葉登山 本編 10月28日

雨の上がった池の原園地は濃いガスに包まれていました。
やっと6時ごろからぽつぽつと車が入ってきました。
地元ナンバーの車が来て色々と連絡をしていましたが、山友に集合場所の確認をしていました。
8時過ぎの時点で仁田峠道路は通行止めのようで、
こんなときは地元の方に話を聞いて情報収集が一番確実です。
天気予報は12時以降晴れマークなので、人が増える前に入山です。

池の原園地(8:13)⇒仁田峠(8;44~9:04)⇒あざみ谷(9:30)⇒紅葉茶屋(9:51~55)⇒西の風穴(10:07~10)⇒北の風穴(10:25~27)⇒鳩穴の分れ(10:30~42)⇒立岩の峰(10:55~11:16)⇒撮影⇒普賢岳(11:50~12:15)⇒鬼人谷口(12:30)⇒国見分れ(12:51)⇒国見岳(13:07~18)⇒吹越分れ(13:33)⇒妙見岳(13:42~48)⇒仁田峠(14:20)⇒池の原園地(14:42)

全行程、6時間29分  行動時間、写真撮影をしながらの4時間41分

IMG_0176.jpg
仁田峠は通行止めで手持ち無沙汰な交通整理員と営業準備中のロープーウェー従業員だけです。

IMG_0191.jpg IMG_0192.jpg IMG_0195.jpg
あざみ谷付近ここからは登りが続きます。

IMG_0209.jpg IMG_0212.jpg
10時30分まだ濃いガスの中です。

DSC_7383.jpg
鳩穴の分れここは天気が良ければボードのような風景が見られるようですが、
今回はまだガスの中ですが上空に青空が覗くようになり、今まではコンデジを使用していましたが、
この後は一眼での撮影です。
ここから立岩の峰までは急登。

DSC_7393.jpg DSC_7397.jpg DSC_7402.jpg
11時、立岩の峰ガスが取れて平成新山1486mが顔を出し周りから一斉に歓声が上がりました。
その後続々とグループが登ってきて混雑し始めます。

DSC_7410.jpg DSC_7416.jpg DSC_7418.jpg DSC_7423.jpg DSC_7426.jpg DSC_7430.jpg
普賢岳までの35分は撮影をしながらの移動です、しかし登山客が増えて人が入らないようにするのが難しくなります。
普賢岳山頂(1359m)で食事をして12時過ぎ国見岳を目指して下ります。

DSC_7435.jpg DSC_7442.jpg DSC_7448.jpg DSC_7456.jpg DSC_7470.jpg
15分で鬼人谷口、ここは紅葉の絶景ポイントです。ここから国見分れまで振返り撮影しながらの急登です。

国見分れからは九重平治岳のような離合が大変な急登を上り詰めると国見岳(1347m)です。
山頂は狭く10人も居れば崖から落ちそうです。DSC_7482.jpg
DSC_7484.jpg

DSC_7498.jpg妙見岳(1333m)からの普賢岳、平成新山。

DSC_7504.jpg妙見岳下山中のロープウエー。
スポンサーサイト

最新トラックバック

プロフィール

kujyu ramble

Author:kujyu ramble
宝満山、背振山系を眺望、
歴史と野鳥の楽園、多々良川干潟。

カレンダー
09 | 2012/10 | 11
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新記事
最新コメント
カテゴリ
リンク
月別アーカイブ
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR